| Home | Link |
このホームページでは、印鑑の基本的な用途や材質やあまり知られていない印鑑の歴史など、知って得する印鑑の豆知識を紹介しています。印鑑のことを知ることで、きっと今まで以上に愛着の沸く素敵な印鑑になりますよ。印鑑に関する各説明・紹介は左側のナビゲーションメニューから飛んでください。リンクページからは印鑑の通販サイトや印鑑に関する情報を載せたホームページを紹介しているので、そちらも合わせてどうぞ。
  • 印鑑の歴史
  • 印鑑の種類
  • 印鑑の材質
  • 印鑑の書体
  • 印鑑の用語
  • 印鑑豆知識
  • 印鑑の用語

    捺印(なついん)/押印(おしいん)

    「捺印」と「押印」という言葉は、両方とも「判をおす」という行為を指している言葉です 全く同じ意味を持った「押捺(おう-なつ)」という言葉もありますが、この単語を使うことは極めて少ないので捺印と押印と混同しないようにと使い分けられることは少ない言葉となっています。

    契印(ちぎりいん)

    契印とは契約時の書類が複数に渡る場合に、これら複数枚の書類が一つの契約書であることを証明するために押すことを指す言葉です。契約書が複数あるのに契印が押されていない場合は、契約後に書面の追加や差し替えをしなくてはいけないおそれがあります。 契約時に使用する印鑑は署名捺印か記名押印に使用した印鑑と同じ印鑑でなくてはならず、また契約当事者全員が押印する必要があります。複数枚の契約書をホッチキスなどで一纏めにした場合は全てのページの見開きの部分に、両ページにまたがるように押印しなくてはりません。契約書を袋とじにした場合は裏表紙と帯の継ぎ目のところに契印を押印することになります。

    割印(わりいん)

    割印とは契約書の正本と副本(コピーなど)、原本と写しなどの二枚の書類が元々一枚だったことを証明する押印です。 。また、同じ内容の契約書を2通作った場合には、同時に作成された同じ契約書であることを証明するために割印します。この時使用する印鑑は、署名捺印か記名押印に使用した印鑑と同じ印鑑である必要はありません。

    捨印(すていん)

    契約書など書類の内容に訂正がでた場合に備えて、事前に訂正印とする印鑑を欄外に押しておくことを指します。捨印をしておくと実際に訂正が必要になってしまった場合にわざわざ相手に改めて押印してもらう必要がなくなります。契約書を受け取る側にとっては手間が省けて非常に都合のいい捨印ですが、契約書に判を押して渡す側にとっては後日訂正があるかどうか分からない段階で押すことになるため、契約者の預かり知らぬところで契約書の内容を書き換えられて悪用される恐れもあります。捨印は銀行の口座振替などでは、後で訂正が効くように手続きをする時に郵送ハガキの書面として見かることが多いですが、銀行は信用第一で成り立つ企業なので捨印を押しても悪事に利用される心配はあまりないと思いますが、印鑑を所持している人はこの捨印の意味をよく理解・把握しておくことをオススメします。判を押す段階で不安になったらその時点ではまだ契約書に捨印をせずに、契約書を発行した側が内容の訂正箇所が見つけたら連絡をもらうようにしておくと安心です。

    消印(けしいん)

    消印とは、印紙と文書にまたがって押す印鑑を指します。よく見る光景として、ハガキや封筒に貼る切手に郵便局のハンコが押されているのを見たことがあるでしょう。この消印は印紙の再使用を防ぐために押すもので、契約の内容によっては印紙税法が定める 所定の印紙を貼る必要が生じ、契約書と印紙の模様にまたがって消印を押さなくてはなりません。仮に印鑑がない場合は直筆のサインでも構わないとされています。この印紙は、税金納入方法の一つとして貼っているものなので契約の効力とは一切関係がありません。例えば領収書の場合、印紙が貼ってあるどうかは領収書の効力とは関係はないということになります。つまり印紙が貼られていなくても領収書自体の効力はあります。よって、印紙を貼らないからといってその契約が無効になることはありえませんが、この行為は「脱税」となりますので、行為を犯してしまった場合には刑罰の対象となることを覚えておきましょう。

    止印(とめいん)

    契約書など、文章に余白がある時に文章が悪意ある行為(不正)で内容に影響があるような書き足しがされないように、文章の文字の末尾に押す印鑑のことを止印と呼びます。文章の末尾に「以下余白」と記すこともありますが、これは止印と同様の効果を持っています。止印に使用する印鑑は署名捺印か、もしくは記名押印に使用した印鑑と同じ印鑑となります。

    ↑ページの先頭へ戻る↑
    Copylight(C)2008 in-kan tips. All Rights Reserved