| Home | Link |
このホームページでは、印鑑の基本的な用途や材質やあまり知られていない印鑑の歴史など、知って得する印鑑の豆知識を紹介しています。印鑑のことを知ることで、きっと今まで以上に愛着の沸く素敵な印鑑になりますよ。印鑑に関する各説明・紹介は左側のナビゲーションメニューから飛んでください。リンクページからは印鑑の通販サイトや印鑑に関する情報を載せたホームページを紹介しているので、そちらも合わせてどうぞ。
  • 印鑑の歴史
  • 印鑑の種類
  • 印鑑の材質
  • 印鑑の書体
  • 印鑑の用語
  • 印鑑豆知識
  • 印鑑の種類

    印鑑の種類には以下のものがあります。

    実印(じついん)

    住民登録をしている市区町村の市役所や役場で印鑑登録申請をして、受理された印鑑のことを実印と呼びます。 例え印鑑の見た目が実印そっくりな形状をしていても印鑑登録が受理されていないものは実印になりません。 実印は印鑑の中で一番重要な印鑑となっており、実印の使用には社会上や法律上の権利、義務の発生が生じます。 実印を使った書類には公正証書や金銭などの貸借証書、契約書、不動産での物件取引き時の書類はもちろん、遺産の相続や企業を起こすときの法人の発起人となる場合の書類、自動車の登録にも使用します。実印の効力は印鑑の中でも随一のため、唯一性を守るために銀行印や認印など他の印鑑との併用を極力避けるようにし、家族共同で使う認印のような扱いがないように注意する必要があります。また、実際に実印で捺印をする場合には契約書類の内容をよく読んで慎重に扱うようにしましょう。実印に彫る文字は「姓名」にするなどの決まりは特にありませんが、姓と名前の両方を彫刻する方が安全です。

    銀行印(ぎんこういん)

    銀行印とは金融機関での預金/貯金の口座を開設する場合など、お金の出し入れに使用する重要な印鑑のことです。 銀行印は主に銀行口座の普通預金や定期預金、郵便預金や振替預金などの金銭関係に使用することになります。 銀行印に彫られる文字は認印と同じように姓のみを彫刻するのが一般的です。

    認印(みとめいん)

    印鑑登録をしていない印鑑を認印と呼びます。認印は主に印鑑証明された印鑑でなくても判が押せる書類、伝票や出勤簿、簡単な金銭受取の書類など簡単な一般事務に使います。認印に彫る文字は姓のみを彫刻するのが一般的で、気軽に押すことができる印鑑なので押印用として携帯されている方も多くいます。しかし気軽に押せるからと言って十分に考えず捺印すると実印と同じくらいの責任が伴うことを忘れてはいけません。

    訂正印(ていせいいん)

    訂正印は別名「簿記印」とも呼ばれ、一般事務における帳簿や伝票に記入した文字が間違っていた場合など、誤りを訂正する必要がある状況で使用することになります。訂正印を押す前には訂正箇所に元の文字が読めるように二本横線を引き、それが済んだら訂正後の名前が入った印鑑を押印します。縦書きなら訂正箇所のすぐ右側に、横書の場合は訂正箇所のすぐ上部分に正しい文字を明確に記載して、誰がどのような訂正・修正を行ったのかを明確にする必要があります。訂正印の大きさは通常5、6mmの丸型、もしくは小判型などが一般的です。

    会社の実印(かいしゃのじついん)

    会社の実印は「代表者印」とも呼ばれており、店がある所在地の法務局へ届け出て使用する会社の実印のことを指します。 会社の実印は登録法に規定がないことから何でもよいと思われがちですが、その役割は個人の実印以上に重要な印鑑となっています。このことから犯罪防止の観点から見ても唯一性を出すために、その会社名と会社における役職を彫刻したものを登録することが望ましいとされています。

    pickup

    HONDA
    http://www.honda.co.jp/

    最終更新日:2014/10/23

    ↑ページの先頭に戻る↑ | 印鑑の種類 page2へ >>>
    Copylight(C)2008 in-kan tips. All Rights Reserved